Tokyo Visit Beaty Antou

会社概要

  • HOME »
  • 会社概要

 会社概要

会社名 合資会社win‐win
代表者 横関よしこ
電話番号&FAX 042-365-5300
E-mail info@enn-headtotoe.com
店舗住所 東京都府中市幸町1-9-10 MKビル1F
事業理念 真心と笑顔に感謝を込めて、心豊かに生活できる社会をつくる
事業内容 美容室・訪問美容

 

創業ストーリー
代表・横関よしこがメディカルフットケア、訪問美容・訪問メディカルフットケアを始めたストーリーをご紹介します。

あんとう

父が倒れた! すぐにヘルパー資格を取得

父が脳梗塞で倒れた事が私の福祉美容師への入り口でした。寝たきりになった父に何も出来なかった私は、介護の知識を学ぼうと長野から東京に戻り、すぐにヘルパー資格を取得。
その後、区のボランティアとして地元の女性の訪問カットにうかがいました。初めてのお客様の喜んだお顔、そして、「ありがとう」という言葉が今の活動につながることとなりました。

しばらくボランティアとしての訪問美容活動を経験します。手さぐりで始めた訪問美容ですが、美容福祉士の資格を取得し、お客様とのコミュニケーションを円滑にするため回想法という認知症の治療も学びました。少しでも多くの知識を持っていてこそ安心・安全を提供できるのではと考えたからです。

お客様が増え、経験を重ねる中で「もっとこうしたら喜んでもらえる」「こうしたらいいじゃないか」「お客様が望む事は、髪をきり、清潔にする事だけではないのかも」と思い、工夫を続けました。
初めて会う美容師、どんな人が来るか皆不安です。ですが、きれいになる事はワクワクします。訪問美容とは、そのワクワクを楽しい気持ちにつなげることができる素敵な仕事だと気づいたのがこの頃です。

 

訪問美容先で気づく「足のケアって大事!」

メディカルフットケア訪問美容はサロンの勤務と並行して続けてきました。
「会話は楽しく、仕事は速く!」が私のモットー。
お客様との会話では、日々の小さな事や、今大変な事、病気の事など様々なお話があります。
その中で「足の爪が痛くて外に行けない」そんな悩みをうかがったことが転機となりました。

当時の私は足に関しての知識はなくどうしたものかと悩んでいた矢先に、ある講演会でメディカルフットケアのことを知ったのです。
偶然にも、セミナー講師の宮川春妃先生は美容師。60歳からフィンランドでメディカルフットケアを学び、強い熱意を持って知識を広めている方でした。
宮川さんのパワーと「足のことで困っている方はいっぱいいますよ」という言葉に背中を押され、私はすぐにフットケアワーカー講座を受講。

受講生は医療関係者・看護師・介護士の方がほとんどで、美容師は私だけ。授業に参加するたびに現場の問題も聞くことができ、とても勉強になりました。
授業でお互いの足爪のケアを学習しますが、特に問題もなく健康な爪がほとんど。
ですが、授業外の通所介護現場実習で高齢者の足や爪をケアしたときに驚きました。白癬菌・肥厚爪・硬いタコ・巻き爪など、痛々しい爪ばかりでした。
「自分の両親の足はどうだったのだろう」「今も生きていれば、私が施術をしたかった」「この方たちのお子さんも、そう思っているに違いない」と思ったのです。

専門的にメディカルフットケアを学ぶ

メディカルフットケア

48日間という講座の中で、私たちフットケアワーカーは足・爪・皮膚などの基本的な知識から糖尿病や衛生学までさまざまな事を学びました。
高齢になれば身体も変化し、視力や握力も低下します。爪や足裏に何らかのトラブルがあると、体のバランスが取れず、転倒・骨折・寝たきりや痴呆へと進みます。そのトラブルの原因の一つは足爪の切り方です。
きちんと正しい爪切りやケアをすれば、日常生活を改善できる事が分かりました。

メディカルフットケアは人の心と体を元気にしてくれるもの。
「歩くことは生きる事」ともいわれます。いつまでも自分の足で歩き続けるためには、足のケアがとても重要なのだと実感しました。
「フットケアとは、まず人と人とが向かい合う事から始まり、足を通じてその人の心に触れ、その人らしさを支えるケアである」この宮川春妃先生の言葉が印象深く残り、今も私の指針となっています。

「足が軽くなると心も軽くなる」そんな笑顔が励みに

メディカルフットケアワーカーとしての資格を取得した私は、毎月、訪問美容にうかがう施設で以前から相談を受けていた方の足を担当させていただくことになりました。

フットケアは足浴から始まります。温かいお湯に足をつけると「気持ちいいわね」とお顔がほころびました。足指1本1本を丁寧にタオルで拭き、爪を切ります。
きれいになった足の爪を見て喜ばれ、立ち上がって歩き出すと「軽くなったわあ」と声が上がりました。
そんなに喜んでくださるなんて、と深く感激した瞬間です。

高齢の方に限らず、人前に足を出すのは勇気がいる事です。
お客様の中では「足をケアしてもらうなんて申し訳ない」「きたない足でごめんなさい」と恐縮される方がいらっしゃいます。
しかし、私は足のケアをすることが好きなのです。爪を切り、汚れを取ってきれいになると、お客様の顔が晴れやかになります。その笑顔が私の励みです。

横関よしこ美容師やメディカルフットワーカーの仕事は、ただ髪を切ったり、爪を切ったりするだけではありません。その先にある、ワクワク楽しい気持ちになる瞬間を提供する仕事です。
美容と健康はイコール。ヘアスタイルが整えば外出したくなります。 ゆっくりでも歩くことができれば外に散歩に行きたくなります。
人間の脳は気持ちいいことを認識すると認知症の進行を遅らせる可能性があると聞きました。美容やフットケアは、まさにその役割があると思います。

お客様は長い人生の中で何人もの美容師に髪を担当してもらったことでしょう。訪問美容師・訪問メディカルフットワーカーはお客様の最後の担当者になるかもしれません。
そのくらいの覚悟と誇りをもって、1人ひとりきちんと向き合い、心のこもったサービスを提供しようと、日々取り組んでいます。

 

東京訪問美容サービス あんとう

「東京訪問美容サービス あんとう」では、訪問美容と訪問メディカルフットケアのサービスを行っております。
「あんとう」とは横関の出身地である長野の方言で「ありがとう」という意味です。
私達の仕事は「ありがとう」をたくさんいただける仕事であることと、私達が必要とされることに「ありがとう」という感謝の気持ちを込めて名づけました。

 

スタッフ紹介

横関よしこ

オーナー美容師/フットケアワーカー
横関よしこ

長野県出身。日本美容学校卒業。「鈴のや」着付け師範コース卒業。日本カラーミーアシーズン認定パーソナルカラー。メディカル・フットケアJF協会会員、ドイツ式BSスパング認定師、東京都認定ハートフル美容師。

平成17年より美容室と並行し訪問美容の活動を始め、杉並区社会福祉協議会・個人在宅・高齢者施設などで訪問美容を行う。足のケアの大切さにも気づき、メディカルフットケアのサービスも開始。お客さま一人ひとりと向き合い、ていねいな施術と明るい雰囲気を心掛けている。
「楽しいこととおいしいものが大好きです」

石井芳

フットケアワーカー
石井 芳

東京都出身。日本赤十字武蔵野短期大学卒業。
看護師免許、保健師免許取得、メディカルフットケアJF協会会員。

病院で看護師として働きながら、フットケアを行っている。巻き爪による痛みで歩くのが辛いという経験から、メディカルフットケアを学び、資格を取得。
「足のトラブルにお悩みの方のお力になれるよう、全力を尽くします」

 

東京都府中市幸町1-9-10 MKビル1F TEL 042-365-5300 受付時間 10:00 - 18:00 火曜日定休

PAGETOP
Copyright © 東京訪問美容サービス あんとう All Rights Reserved.